• 更新日:2021.10.22

ミュゼならひざ下を安く脱毛できる!?気になるコースを詳しく解説!

ミュゼならひざ下を安く脱毛できる!?気になるコースを詳しく解説!
ツル美の画像

脱毛美人スクールのツル美です!脱毛について詳しく解説していくのでツルツル肌を手に入れてくださいね!

あなたはひざ下のムダ毛処理どうしていますか?

毎日仕事や学校でスカートを履くために、毎晩処理に時間をかけなきゃいけないのめんどうですよね。

今回はひざ下脱毛の効果やメリット、自己処理を続けるデメリットをお伝えします。

そして、それらの点を踏まえて、ひざ下脱毛が安いミュゼプラチナムの詳しく紹介しますので、一緒に見ていきましょう。

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

9年連続・脱毛サロンNO.1 ミュゼプラチナム!!

ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
サロン名 ミュゼプラチナム
サロン評価 ★★★★★
脱毛料金 ワキ・VIO
6回100円
営業時間 10:00~21:00
※店舗によって異なる
キャンペーン 全身脱毛2回→360円

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

ひざ下脱毛が安いのはミュゼプラチナム!

foot_5
ひざ下脱毛をするなら、料金が安いミュゼプラチナムがおすすめです。はじめに、ミュゼプラチナムのひざ下脱毛について見ていきましょう!

ツル美
ミュゼプラチナムは女性専用の脱毛サロンで、光脱毛でひざ下脱毛を行います。

ひざ下脱毛が含まれるプラン紹介

サロン_2

プラン名 料金
回数
フリーセレクト美容脱毛コース
通い放題コース
全身のテーブル画像2
73,400円
フリーセレクト美容脱毛コース
デイプラン
全身のテーブル画像2
19,108円
6回
フリーセレクト美容脱毛コース
レギュラー
全身のテーブル画像2
23,634円
6回
全身脱毛コースバリュー
デイプラン
上半身
66,610円
6回
全身脱毛コースバリュー
レギュラー
上半身
80,028円
6回
全身脱毛コースライト
デイプラン
上半身
101,864円
6回
全身脱毛コースライト
レギュラー
足全体(下半身)
121,754円
6回
全身脱毛コース
デイプラン
足全体(下半身)
135,406円
6回
全身脱毛コース
レギュラー
足全体(下半身)
163,954円
6回

ミュゼプラチナムでは上記のプランでひざ下脱毛ができます。フリーセレクト美容脱毛コースのデイプランだと1回あたりの料金は約3,184円で、かなり安いと言えるでしょう。

ミュゼプラチナムには「通い放題」「デイプラン」「レギュラープラン」があり、デイプランは平日の12~18時に通うことが条件になりますが、安い料金でひざ下脱毛ができます。

なお、ミュゼプラチナムは全身脱毛の料金も安く、全身脱毛コースバリューのデイプランだと、1回あたり約11,101円の安い料金でひざ下を含む全身脱毛ができます。

サービスも充実!

ミュゼプラチナム_ キャンセル_保証

  1. 追加料金
  2. キャンセル料金
  3. 解約・返金
  4. 店舗数
  5. アフターケア
  6. 予約

ミュゼプラチナムは脱毛料金が安いだけではなく、表示金額以外の追加料金はかからず、予約日の2日前までの予約キャンセルはキャンセル料がかかりません。

いかなる理由であっても途中解約は可能で、途中解約をする場合は違約金や解約手数料は一切かからず、脱毛を受けた回数分の料金を差し引いた残金が返金されます。

店舗数は176店舗(2021年3月末時点)で、サロン移動も自由に行えます。ミルクローションのトリートメントのアフターケア付きで、専用アプリで24時間いつでも予約できます。

施術回数と期間

保湿の画像

施術回数 期間
店舗
約12回
カレンダーのアイコン
約2年

ひざ下脱毛の施術回数と期間は個人差がありますが、施術回数は約12回で、通う期間は約2年になります。ひざ下の毛は薄くて細いので、VIOや脇などと比べると早く脱毛できます。

3~6回施術を受けると脱毛効果を実感でき、7~10回で自己処理の回数を減らせます。施術回数が12回程度になると、ひざ下のムダ毛はほとんど目立たなくなります。

ミュゼプラチナムでは、通常1〜3カ月に1回のペースでサロンに通えるため、なるべく速いペースで通うようにすると、ひざ下脱毛が早く完了する可能性があります。

Point

1回あたり約3,184円~でひざ下脱毛ができる

追加料金はかからず解約料も無料

約12回の施術でひざ下脱毛が完了する

ひざ下脱毛の効果とメリットをご紹介

メリット6
ここまで、ひざ下脱毛の料金が安いミュゼプラチナムを見てきました。では次に、ひざ下脱毛の効果とメリットを見ていきましょう!

ツル美
ひざ下脱毛をすると次のような効果とメリットが得られます。

ひざ下脱毛の効果

fashion
ひざ下脱毛をすると面倒な自己処理から解放され、自己処理による肌トラブルを防げます。肌トラブルを防げることは美脚を維持するうえでは重要になってきます。

カミソリや電気シェーバーで繰り返し自己処理を行うと摩擦で黒ずみが起こりやすく、カミソリによる自己処理は肌トラブルの大きな原因になります。

このように、ひざ下脱毛をすると自己処理による肌トラブルを防ぐ効果が期待でき、ひざ下を美しい状態に保てます。

ひざ下脱毛のメリット

foot_8
ひざ下は「ふくらはぎ」や「すね」と呼ばれる部位ですが、ひざ下脱毛をすると丈の短いミニ・スカートを履いた時にが美しく見えるようになります。

これまでミニ・スカートを履く勇気がなかった人でも、ひざ下脱毛をすると自信を持ってミニ・スカートを履けるようになり、ファッションの幅が広がります。

また、ひざ下の自己処理は時間がかかりますが、ひざ下脱毛をして自己処理から解放されると、忙しい朝や夜の貴重な時間を有効活用できることもメリットでしょう。

Point

自己処理による肌トラブルを防げる

肌トラブルを減らして美脚効果が期待できる

丈の短いスカートを履けるようになる

ひざ下脱毛の範囲はここからここまで!

チェック

ツル美
ひざ下脱毛をすると、どの範囲をスベスベにできるのかを見ていきましょう!

「ふくらはぎ」や「すね」がひざ下になりますが、具体的に言うと「ひざから足首まで」がひざ下脱毛の範囲になります。

ただし、ひざ下脱毛の範囲はサロンによって異なり、サロンによってはひざ下の裏側は範囲に含めないケースがあるので、カウンセリング時に確認しておきましょう。

「ふともも」は脱毛範囲には含まれず、ふともももスベスベにするにはひざ上脱毛をすることが必要になってきます。なお、全身脱毛をするとふとももも脱毛できます。

自己処理の種類と違いは?

疑問
ひざ下脱毛をすると自己処理の回数を減らせますが、ひざ下を自己処理する方法について見ていきましょう!

ツル美
ひざ下脱毛をする前に、ひざ下の自己処理の種類と違いを知っておきましょう!

自己処理の種類

保湿の画像

ツル美
ひざ下を自己処理する方法として次のものがあります。

カミソリ・電気シェーバー

カミソリ・電気シェーバーはひざ下の自己処理の一般的な方法であり、ひざ下の広い範囲のムダ毛を手軽に処理できます。

カミソリ・電気シェーバーは手軽にひざ下の自己処理ができる反面、処理後の肌が乾燥しやすくなるので、保湿ケアを行うことが大事になってきます。

保湿ケアを怠ると黒ずみの原因になるので、自己処理後は面倒でも保湿ローションを使って保湿ケアを行うことが必要です。

脱毛クリーム

ひざ下の自己処理は脱毛クリーム(除毛クリーム)を使う方法でも行えます。脱毛クリームは毛を溶かす成分が配合されており、肌に塗ってしばらく経つとムダ毛が抜けてきます。

脱毛クリームで自己処理をする際は、ムダ毛の根本が隠れるまでたっぷりとクリームを塗るようにして、しっかりと洗い流すことが大切です。

脱毛クリームによる自己処理も処理後は肌が乾燥するので、保湿ローションを使って保湿ケアを行い、肌の乾燥を防ぎましょう。

家庭用脱毛器

ひざ下のムダ毛処理は、家庭用脱毛器を使用する方法でも行えます。家庭用脱毛器はサロンやクリニックで使用されている業務用脱毛機をコンパクトにしたものです。

家庭用脱毛器はフラッシュ方式とレーザー方式があり、脱毛をしたい部位にフラッシュやレーザーを照射して毛根にダメージを与えます。

一般家庭に広く普及しているのはカートリッジタイプのフラッシュ方式で、好みのカートリッジを装着して使用できます。

Point

カミソリを使うと手軽に自己処理ができる

脱毛クリームは塗って洗い流すと処理できる

家庭用脱毛器は毛根にダメージを与える

自己処理にはデメリットがある!

デメリット
ひざ下の自己処理はいろいろなデメリットがあります。では次に、ひざ下を自己処理することのデメリットを見ていきましょう!

ツル美
ひざ下の自己処理はいずれも肌トラブルのリスクがあります。

カミソリ・電気シェーバーのデメリット

手でバツを作る女性_2
カミソリでひざ下を自己処理すると、皮膚を傷つけて肌トラブルを起こすリスクが高まります。カミソリは刃物なので、手元が狂うと出血することもあります。

電気シェーバーはカミソリよりも肌トラブルのリスクは低いものの、繰り返し電気シェーバーで自己処理をすると肌に黒ずみが出やすくなります。

カミソリ・電気シェーバーに限ったことではありませんが、ひざ下を自己処理すると肌が乾燥しやすくなり、保湿ケアを怠ると肌の状態が悪化します。

脱毛クリームのデメリット

除毛クリーム
脱毛クリームはチオグリコール酸カルシウムというタンパク質を溶かす成分が配合されており、脱毛クリームで自己処理をすると毛だけでなく肌にもダメージが及びます。

乾燥肌や敏感肌の方が脱毛クリームを使用すると肌荒れを起こすリスクが高まり、赤いブツブツができたり、かゆくなったりするなど、肌トラブルの原因になります。

また、脱毛クリームは使用後にしっかりと洗い流さなければならず、洗い残しがあると皮膚に赤みが出たり、かゆくなったりするので注意が必要です。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器_凸凹の画像
家庭用脱毛器はフラッシュやレーザーを照射する際に熱が発生するので、火傷などの肌トラブルを起こすリスクがあります。

また、カートリッジ式の家庭用脱毛器は定期的にカートリッジの交換が必要になり、カートリッジを交換する度に数千円程度のコストがかかります。

なお、家庭用脱毛器に限ったことではありませんが、ふくらはぎの裏側など目視がしにくい部位は自己処理がしにくく、気づかないうちにムダ毛が残ってしまうことがあります。

<注意点>

効果に関しては個人差があります。また、脱毛にはやけどや赤み、毛のう炎、硬毛化、増毛化などの症状が出てしまう場合もあります。

リスクや効果について不安な方は契約する前のカウンセリングで詳しく聞きましょう。

脱毛のリスクに関してさらに詳しく知りたい方は下記からご確認ください。
Point

カミソリは肌トラブルが起きるリスクが高い

脱毛クリームは肌荒れを起こしやすい

家庭用脱毛器は熱による火傷のリスクがある

自己処理とサロン・クリニック脱毛の違い

肌の乾燥

ツル美
自己処理とサロン脱毛・医療脱毛の違いを見ていきましょう!

ムダ毛の自己処理は手軽にできる反面、肌にダメージを与えるリスクが高いです。肌が繰り返しダメージを受けると、黒ずみが発生して見栄えが悪くなります。

サロン脱毛は光脱毛(フラッシュ脱毛)で施術を行い、光を照射して毛根や発毛因子にダメージを与えてムダ毛を処理します。

クリニックの医療脱毛は、医療レーザーを照射して毛根にダメージを与えてムダ毛を処理します。医療脱毛は医療行為であり、施術者は医師や看護師などの資格が必要です。

サロンとクリニックどっちが安い?

お金_相場価格の画像
サロン脱毛と医療脱毛は料金が気になりますが、サロンとクリニックはどちらの方の料金が安いのかを見ていきましょう!

ツル美
サロン脱毛の方が脱毛料金は安いです!

サロンとクリニックの相場比較

サロン脱毛相場 クリニック脱毛相場
店舗
約13万円
6回

shop_2
約36万円
5回

サロンとクリニックの料金相場を比較すると、上記のようにサロンの方が料金は安いです。そのため、安い料金でひざ下脱毛をしたい方はサロンが向いています。

クリニックよりもサロンの方が脱毛料金が安い理由は、クリニックの医療脱毛は医療行為であり、人件費や医療機器の導入コストが高くつくからです。

なお、サロンによっても脱毛料金は異なるので、安い料金でひざ下脱毛をしたい場合は、それぞれのサロンの料金を比較することが必要です。

サロンとクリニックの違い

脱毛
方法
光の強さ 痛み 肌へのダメージ
サロン
脱毛
店舗
クリニックに
比べて弱い
クリニックに
比べて少ない
肌に優しい
クリニック
脱毛
shop_2
強い 痛みやすい ダメージがある

クリニックの医療脱毛は高出力レーザーを照射するため、高い脱毛効果が期待できます。施術時の痛みが強いことがデメリットですが、麻酔で痛みを軽減できます。

サロン脱毛は医療脱毛よりも通う回数は増えますが、施術時の痛みは弱く、肌に大きなダメージを与えるリスクは低めです。

どちらが良いとは一概には言えませんが、早く脱毛を終わらせたい方は医療脱毛、肌に優しい脱毛を希望する方はサロン脱毛が向いています。

Point

脱毛料金はサロンの方が安い

医療脱毛は高い脱毛効果が期待できる

サロン脱毛は施術時の痛みが弱く肌に優しい

ミュゼプラチナムと他サロンの違いを分析

分析_2
脱毛料金やサポート体制などはサロンによって異なります。では最後に、ミュゼプラチナムと他のサロンの違いを見ていきましょう!

ツル美
ミュゼプラチナムは料金が安いだけでなく、サポート面も充実しています!

料金

cost_performance

サロン名 料金
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
19,108円
6回
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
35,211円
6回
ラココ
ラココ_ロゴ
30,000円
6回
上記のようにミュゼプラチナムのひざ下脱毛の料金は安く、フリーセレクト美容脱毛コースのデイプランだと6回19,108円、1回あたり約3,184円でひざ下脱毛ができます。

ミュゼプラチナムは入会金や年会費などは0円で、追加料金もかかりません。クレジットカードや信販会社を利用すると分割払いにすることも可能です。

ストラッシュのひざ下脱毛の料金は6回35,211円で、1回あたりの料金は約5,868円になります。ラココは6回30,000円、1回あたり5,000円でひざ下脱毛ができます。

サポート

保証_サポート

サロン名 当日キャンセル 店舗数 施術後の処置
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナム_ロゴ
回数やキャンセル料
なし
176店舗 専用ジェル
ローション
ストラッシュ
ストラッシュ_ロゴ

施術1回分消費 40店舗 ジェル
ラココ
ラココ_ロゴ
施術1回分消費 83店舗 美容ローション

ミュゼプラチナムは予約をキャンセルする場合、予約日時の24時間前までに連絡をするとキャンセル料は発生せず、脱毛コースの回数が消費されることもありません。

ミュゼプラチナムは全国に176店舗あり、予約をすると全国のどの店舗でも施術を受けることが可能です。

施術後はミルクローションによるトリートメントが無料で受けられます。ストラッシュは予約日前日の20時を過ぎると施術1回分が消化されますが、キャンセル料は発生しません。

ラココは当日キャンセルすると2,000円のキャンセル料が発生します。

Point

ミュゼプラチナムはひざ下脱毛の料金が安い

ミュゼは追加料金がかからない

ミュゼは全国176店舗で施術が受けられる

総括:ひざ下脱毛が安いのはミュゼプラチナム!

ミュゼプラチナム_MB

ひざ下脱毛をするなら、料金が安いミュゼプラチナムがおすすめです!

ひざ下脱毛をすると自己処理の頻度を減らすことができ、脚が露出するミニ・スカートも自信を持って履けるようになり、ファッションの幅が広がります。

ひざ下脱毛をするのであれば、サービス内容やサポート面が充実していて料金が安いミュゼプラチナムをおすすめします。

ストラッシュとラココもひざ下脱毛ができるので、両店も含めて検討して、自分に合っているサロンでひざ下脱毛をしてもらいましょう!

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

9年連続・脱毛サロンNO.1 ミュゼプラチナム!!

ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
サロン名 ミュゼプラチナム
サロン評価 ★★★★★
脱毛料金 ワキ・VIO
6回100円
営業時間 10:00~21:00
※店舗によって異なる
キャンペーン 全身脱毛2回→360円

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

ミュゼプラチナムカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次