ミュゼプラチナムはシェービングをしてくれる?ミュゼのサービスをチェック!

ミュゼプラチナムはシェービングをしてくれる?ミュゼのサービスをチェック!
ミュゼプラチナムはシェービングをしてくれる?ミュゼのサービスをチェック!

ミュゼプラチナムはシェービングをしてくれる?ミュゼのサービスをチェック!

ツル美の画像

脱毛美人スクールのツル美です!脱毛について詳しく解説していくのでツルツル肌を手に入れてくださいね!

ミュゼプラチナムで脱毛をお考えのみなさん、こんにちは!ミュゼプラチナムでは、シェービングサービスの提供を中止しています。

しかし、その分早く処理時間が短くなるなどのメリットも!また、自己処理が難しい部位はミュゼプラチナムのスタッフが手伝ってくれるので安心です!

とはいえ、自己処理を自分で行うことに関して、皮膚への負担などの懸念点もありますよね。

そこで、この記事では自己処理に適したシェーバーの紹介や正しいシェービングのやり方を詳しく解説しています!

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

8年連続・脱毛サロンNO.1
ミュゼプラチナム!!

ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
サロン名 ミュゼプラチナム
サロン評価 ★★★★★
脱毛料金 ワキ・VIO
6回100円
営業時間 10:00~21:00
※店舗によって異なる
キャンペーン 全身脱毛2回→360円

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

ミュゼプラチナムのシェービングについて

シェービング
まずは、ミュゼにはシェービングサービスがあるのかどうかを確認しましょう。

ツル美
自己処理の難しい部分は剃毛してもらえます。

シェービングサービスはある?

疑問
ミュゼにはシェービングサービスが無いので、施術を受ける場合は施術の前日から当日までに脱毛部位の剃毛を自分でしっかりと行う必要があります。

脱毛部位に剃り残しがあったり、シェービングができていない状態で来店すると照射を断られてしまったり体毛の残っている部位だけ避けて照射しなければなりません。

そのため、スムーズに脱毛を進めるためにも施術前のシェービングは忘れず行うようにしましょう。

また、シェービングが無いと不便にも思えますが、施術時間も大幅に短縮できるので拘束時間が少なくなるというメリットもあります。

自己処理が難しい場合は?

うで_自己処理_1
全身脱毛や背中の脱毛などを希望している方の場合、手の届かない部位の剃毛も自分で行うのは少し難しいのでは、と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ミュゼでは襟足と背中上下、ヒップ奥の剃り残しに関してのみサロンのスタッフが対応してくれます。

そのため、これらの部位に関しては手が届かないのに無理に剃毛をするとケガの恐れもあるので、難しい場合は行う必要はありません。

ただし、サロンではできる範囲での自己処理をお願いしているので、自分でできそうであれば手の届く部位だけでも剃毛していきましょう。

Point

シェービングサービスはない。

忘れると照射できないこともある。

手の届かない部位は仕上げ可能。

おすすめのシェーバーを紹介!

シェーバー
次に、脱毛前のシェービングにおすすめなシェーバーを2つご紹介します。

ツル美
価格と機能に注目していきましょう。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ ウブ毛用 ES-WF51-N

パナソニック_フェリエ_ES_WF51_N

以下の表はパナソニックのフェリエウブ毛用の基本情報です。
商品名 ES-WF51-N
パナソニック_フェリエ_ES_WF51_N
料金 3,100円
脱毛部位 うぶ毛

フェリエウブ毛用シェーバーは刃先が丸く、0.12ミリの薄い刃を採用しているので肌への摩擦ダメージを軽減して剃毛ができるシェーバーとなっています。

この商品は水なしでも使用することができて、ヘッド部分は回転するので肌の凹凸に合わせて剃毛できて使いやすいのも魅力の一つです。

さらに、この商品は低価格なことに加えて充電して再利用できる乾電池にも対応しているのでランニングコストが低く少ない費用で使い続けられるのも嬉しいポイントですね。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ ES-WF60-P

パナソニック_フェリエ_ES_WF60_P

以下の表はパナソニックのフェイス用シェーバー、フェリエの基本情報です。
商品名 ES-WF60-P
パナソニック_フェリエ_ES_WF60_P
料金 5,880円
脱毛部位 眉毛、うぶ毛

フェリエはウブ毛の他にも眉毛を整える用途にも使用できて、パーツには眉を剃りすぎないようにカバーできる眉カバーと眉コームが付属しています。

そのため、シェーバーを使用した剃毛でも眉毛を剃りすぎることも無く長さ調節までできるので、失敗する心配が少ないのが嬉しいポイントです。

また、この商品も水なしで使用できるので剃毛の際に一々顔を濡らしたりジェルなどを用意する必要が無く気になった時すぐに使用できるのが特徴となっています。

Point

商品によって対応できる部位が違う。

フェリエウブ毛用はお手頃価格。

フェリエは眉を整えるのに便利。

シェービングの正しいやり方とは?

check_3

ツル美
シェービングの正しい方法を見ていきましょう。

電気シェーバーは販売されているほとんどのものが水なしで乾燥した肌に使用できます。

方法は電源を入れて肌の上を滑らせていくだけですが、この時毛の流れに逆らうようにして刃を寝かせながら毛を剃っていくとスムーズに作業可能です。

剃毛時に肌にほくろやいぼなど凹凸がある場合は無理に剃毛をすると肌に傷がついてしまうので避けるようにしましょう。また、強く刃を当てすぎてもトラブルの原因となります。

また、作業後は肌が乾燥しがちなのでしっかりと保湿ケアすることも大切です。

ミュゼプラチナムで脱毛する魅力

ミュゼプラチナム_MB
ここで、ミュゼのおすすめポイントを3つご紹介していきます。

ツル美
ミュゼのサービスの特徴を見ていきましょう。

安心の女性専門のサロン

ミュゼプラチナム_受付
脱毛サロンやクリニックでは男女兼用の施設もあり、異性の目が気になって中々利用まで踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

ミュゼは女性専門の脱毛サロンで利用する方は全員女性で、サロンスタッフも女性を採用しているという特徴があります。

そのため、異性の目が気になるという方も方も利用しやすく、カウンセリングでも女性特有の悩みをスタッフに相談しやすいのが魅力の一つです。

また、店舗によっては施術ルームが完全個室なので、施術時も他の人の目を気にせずリラックスして施術を受けられます。

S.S.C方式の美容脱毛

ミュゼプラチナム_脱毛方法
ミュゼではジェルを塗布してから光を照射することで脱毛効果を得るS.S.C方式の脱毛法を採用してます。

ミュゼの美容脱毛は、ジェルの上からライトを当て脱毛する、 S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛。安定したライトと、ジェルに含まれる成分によって肌をいためずスピーディにお手入れすることができます。

参照URL:https://musee-pla.com/about/method/

この脱毛法は美容成分を配合したジェルで保湿しながら脱毛できるので、肌へのダメージも少なく乾燥しにくいという部分が魅力的なポイントです。

さらに、1秒に約200本の体毛に照射可能なので両わきでも約3分で施術が完了し、約2週間で体毛が抜け始めるという特徴があり時間的な負担も軽減できます。

また、施術後はプラセンタ配合のミルクローションでスキンケアをするので、肌のメンテナンスもしっかりと行えます。

24時間いつでも予約変更可能

時間
ミュゼではミュゼパスポートという専用の公式アプリを配信していて、24時間365日いつでも予約を入れたり日程を変更できます。

そのため、わざわざサロンに電話をする必要がなく、予約を入れる作業が面倒な方も気軽に利用可能です。

さらに、このアプリにはキャンセル待ち機能を設定すると空きが出た時に自動でお知らせしてくれる機能も搭載されています。

また、ミュゼの脱毛プランはアプリを利用することで割引料金で利用できるシステムになっているので、なるべく費用を抑えたい場合にもアプリのダウンロードがおすすめです。

Point

スタッフは全員女性。

お肌に優しい脱毛法。

予約作業が簡単。

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

ミュゼプラチナムの脱毛料金

支払い_クレジット_現金
こちらではミュゼの脱毛料金とキャンペーン情報をご紹介します。

ツル美
初回なら100円で始めることもできますよ!

脱毛料金

電卓

以下の表はミュゼの人気プランの料金です。
脱毛部位 料金
全身脱毛コース
全身
160,800円※
両脇+Vライン5年間
通い放題コース
脇
100円
(5年間通い放題)
ハイジーナ7
VIOコース
VIO
45,900円※

※6回、デイプラン、アプリダウンロード価格

ミュゼの全身脱毛は通常料金だと38万円以上の価格になりますがアプリとデイプランを利用すると半額以下の16万1千円ほどで利用できます。

ただし、この全身脱毛の範囲には顔は含まれないので注意が必要です。

さらに、ミュゼでは初回限定でVラインとワキを5年間100円で脱毛できるプランも設置されているので、お試しで利用したい場合はこのプランから手軽に始めるのもおすすめです。

また、VIO脱毛のプランも5万円以内で契約可能で、初期費用の捻出が難しい方も気軽に利用できます。

キャンペーン

musee_campaign

以下の表はミュゼで実施しているキャンペーンの内容です。
キャンペーン名 内容
オンライン脱毛
脱毛機
全身脱毛月々1,800円
サロンで脱毛し放題
脱毛機
両脇+Vライン100円

ミュゼのオンライン脱毛は家庭用脱毛器を使用してチャットなどでスタッフと相談しながら脱毛できるキャンペーンで、月々約2千円で利用可能です。

さらに、背面全5部位を6回とワキとVライン脱毛5年間100円、コスメなど豊富な特典が付属するので、通う時間が無い方や低額で始めたい方におすすめです。

また、両ワキ+Vラインのキャンペーンは5年間100円で脱毛できるだけでなく、お試しで1回だけ人気パーツを組み合わせた脱毛プランを3種類から選んで利用できます。

Point

アプリとデイプランで割引になる。

キャンペーンで100円から利用可能。

月額2千円で自宅で脱毛できる。

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

ミュゼプラチナムもいいけど、他の脱毛サロンもおすすめ!

サロン_2
次に、ミュゼ以外でおすすめな脱毛サロンを2つご紹介します。

ツル美
キレイモとラココもおすすめの脱毛サロンですよ。

快適なサロン空間で脱毛できるキレイモ

キレイモ_MB

ツル美
キレイモは完全個室の脱毛サロンです。

キレイモのシェービングサービス

キレイモ_個室
キレイモのシェービングサービスは回数プランであれば無料、月額プランだと有料ですが、背中やうなじ、ヒップ、Oラインに関しては完全無料で対応してもらえます。

そのため、剃り残しがあっても回数プランであれば追加費用なしで対応してもらえるという魅力があります。

ただし、未処理の状態で来店すると施術時間が大幅に伸びてしまい、負担が大きくなるので自分でできる部分は前日に処理しておきましょう。

VIOの場合は薄くしたい場合やツルツルにしたい場合は全処理、形を整えたい場合は不要な部位だけ処理して来店しましょう。

キレイモの脱毛料金

電卓

以下の表はキレイモの全身脱毛の料金です。
脱毛部位 料金
全身脱毛
(1年8回)
全身
237,800円
全身脱毛
(2年16回)
全身
392,000円

キレイモは全身脱毛専門の脱毛サロンなので、プランは全身脱毛のみとなっていて回数プランなら2種類から選ぶことができます。

特に8回プランは総額23万8千円というお手頃価格で利用可能なので、初心者の方でも始めやすい脱毛プランと言えます。

ただし、1回あたりの施術料は16回プランの方が低価格なので、本格的に脱毛を始めるなら16回プランがおすすめです。

また、各プランには消化の目安となる期間が定められていますが、申し出をすれば期間の延長も可能です。

キレイモの公式サイトへ

脱毛メーカー直営のサロン・ラココ

ラココ_MB

ツル美
ラココはSHR方式の脱毛法を採用しています。

ラココのシェービングサービス

ラココ_施術室
ラココはシェービングサービスが設置されていて、希望次第で利用可能ですがスタッフにシェービングしてもらう場合はフェイス用シェーバーを持参する必要があります。

シェービングサービスはうなじや背中、えりあしなどの手の届かない部位に関しては無料で対応してもらえるので、無理に自己処理する必要はありません。

そのため、サービスを利用する場合も、利用しない場合もフェイス用シェーバーを持参した方が当日もスムーズに施術を進められます。

ただし、そのほかの部位に関しては有料のサービスとなっているので注意しましょう。

ラココの脱毛料金

電卓

以下の表はラココの脱毛料金です。
脱毛部位 料金
まるごと全身脱毛コース
全身
79,000円
(6回)
VIO
(Sパーツ×6)
VIO
18,000円
(1回)

(Sパーツ×11)
顔(鼻下・ほほ)
33,000円
(1回)
ワキ
(Sパーツ×1)
脇
3,000円
(1回)

ラココの脱毛プランの中で特におすすめなのは全身脱毛のプランで顔とVIOこみでも7万9千円と低価格なので学生も気軽に挑戦できるのが魅力となっています。

さらに、顔とVIOなしの場合はさらに安く、5万9千円で利用可能なのでお財布と相談しながら予算に合わせてプランを選びやすいのも嬉しいポイントですね。

ラココの部分脱毛は1パーツだと手頃ですが、パーツ分けが細かくまとめて脱毛するとなると1回の施術でも割高になるので、複数の部位脱毛するなら全身脱毛の方がお得です。

Point

キレイモとラココもおすすめ。

キレイモは回数プラン剃毛無料。

ラココはシェーバー持参が必要。

ラココの公式サイトへ

おすすめの脱毛サロンを分析

分析_3
最後に、今回ご紹介した脱毛サロンの特徴をチェックしていきましょう。

ツル美
料金やサービスの特徴を見ていきましょう。

シェービングサービスを分析

シェーバー_4

以下の表は各社のシェービングサービスの特徴です。
脱毛サロン名 シェービングサービス
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
襟足・背中上下・ヒップ奥に
剃り残しがある場合は
サロンスタッフがお手伝い
キレイモ
キレイモのロゴ
背中、うなじ、ヒップ、Oラインは
シェービングのお手伝い
ラココ
ラココのロゴ
うなじ・えり足・背中などは
サロンスタッフが
シェービングのお手伝い

各脱毛サロンはどこも手の届かない部位に関してはスタッフが無料で剃毛を手伝ってくれるので、無理に処理をする必要がないという特徴があります。

ミュゼの場合は未処理だと施術を断られる場合もあるので注意が必要ですが、お手入れ回数は保証されているので当日キャンセルになっても残回数が減ることはありません。

キレイモは回数プランは剃り残しに無料対応してもらえますが、ラココは剃毛料がかかるので追加費用を気にする場合は剃り残しが出ないようにすることをおすすめします。

全身脱毛料金を比較

全身

以下の表は各社の全身脱毛の料金です。
脱毛サロン名 全身脱毛料金
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
160,800円※
キレイモ
キレイモのロゴ
237,800円
(8回)
ラココ
ラココのロゴ
79,000円
(6回)

※6回、デイプラン、アプリダウンロード価格

ミュゼの全身脱毛はキレイモよりも低価格で利用できて、部分脱毛よりも一部位あたりの価格を下げて利用可能です。

ただし、襟足の脱毛は12回以上の契約のみ対応可能なので注意しましょう。

キレイモの料金の総額は各社の中でも高額ですが脱毛回数は多めです。また、施術後の保湿ローションを希望に合わせて2種類から選べるので自由度の高い脱毛プランと言えます。

ラココのプランは各社の中でも特に低価格なので、とにかく安く全身脱毛したい方におすすめのプランです。

特徴を分析

OK

以下の表は各社の特徴です。
脱毛サロン名 特徴
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
・自由なサロンの移動が可能
・24h「いつでも」予約&変更可能
・女性専用サロン
キレイモ
キレイモのロゴ
・24時間いつでも予約可能
・ドクターサポート
ラココ
ラココのロゴ
・衛生管理の徹底
・ドクターサポート制度

ミュゼは全国に100以上の店舗を展開していて特別な手続きなしに店舗移動もできるので、お引越しで今までの店舗に通えなくなっても最寄りの店舗でプラン再開が可能です。

キレイモは冷却ジェルを使用しない脱毛器を使用しているので、施術時にもジェルのヒヤッとした不快感や寒さを感じにくいので、寒さが苦手な方にも向いています。

ラココは衛生管理を徹底していてドクターサポート付きなので、万が一のトラブルにも提携院の紹介をしてもらえて迅速な対応が可能な脱毛サロンです。

Point

ミュゼは店舗移動が自由。

キレイモは冷却ジェルを使用しない。

ラココは全身脱毛が安い。

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

キレイモの公式サイトへ

ラココの公式サイトへ

総括:ミュゼプラチナムは事前にシェービングを!

ミュゼプラチナム_受付
ミュゼプラチナムではシェービングサービスを行っておらず、施術当日までに忘れずに行うようにしましょう。

また、手の届かない部位に関しては無料で剃毛を手伝ってもらえるので、該当の範囲に関しては無理に剃毛する必要はありません。

ミュゼは女性専門のサロンで肌へのダメージを軽減できる脱毛法を採用しているだけでなく、店舗数も多いことから来店の負担が少ない脱毛サロンであると言えます。

さらに、アプリやプラン次第では低価格で契約でき、100円から始めることもできるので脱毛サロンならミュゼを検討してみてはいかがでしょうか。

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

8年連続・脱毛サロンNO.1
ミュゼプラチナム!!

ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
サロン名 ミュゼプラチナム
サロン評価 ★★★★★
脱毛料金 ワキ・VIO
6回100円
営業時間 10:00~21:00
※店舗によって異なる
キャンペーン 全身脱毛2回→360円

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

ミュゼプラチナムカテゴリの最新記事