脱毛器ケノンは眉毛にも使える!専用オプション品の詳細をご紹介!

脱毛器ケノンは眉毛にも使える!専用オプション品の詳細をご紹介!
脱毛器ケノンは眉毛にも使える!専用オプション品の詳細をご紹介!

脱毛器ケノンは眉毛にも使える!専用オプション品の詳細をご紹介!

ツル美の画像

脱毛美人スクールのツル美です!脱毛について詳しく解説していくのでツルツル肌を手に入れてくださいね!

自宅で簡単に眉毛を脱毛する方法として、ケノン脱毛器の購入を検討中の方もいるのではないでしょうか。

全身に使えると言われているケノン脱毛器ですが、購入前に眉毛などの目の周りにも使えるのか調べておきたいですよね。

そこで今回の記事では、ケノン脱毛器が眉毛に使えるのかや、ケノンの特徴・料金などを詳しく調査しました。

また、眉毛脱毛できるサロン・クリニックについても紹介していきますので、眉毛脱毛を検討中の方は参考にしてみてくださいね!

ケノンで眉毛の脱毛はできる?ケノンの特徴を紹介

ケノン

ケノンは家庭用脱毛器で、公式サイトやネットショッピングモールで販売されています。まず、ケノンで眉毛の脱毛ができるのかを見ていきましょう!

ツル美
ケノンは全身のムダ毛処理に使用でき、眉毛の脱毛にも対応しています。

ケノンには眉毛や細かい毛用のピンセット型脱毛器がある

ケノン_ピンセットの画像

ケノンには眉毛や細い毛等に対応している眉毛用ピンセットが付属しており、眉毛用ピンセットを使うと眉毛や細い毛も脱毛することが可能です。

眉毛用ピンセットは本体とは別のオプション品であり、ピンセットで眉毛を挟んでボタンを押すと電気が流れ、眉毛や細い毛を処理できるという仕組みです。

できるだけ毛根の近くを挟むようにするのがコツで、ボタンを押して8秒間ほど経ったら「ピーッ」と音が鳴るので、そのまま引き抜くと処理が完了します。

ケノン本体は顔からつま先まで全身に使える

足

商品名 脱毛器ケノン
ケノン_脱毛器
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 9,25cm2
照射レベル 10段階
交換方式 カートリッジ交換
使用
可能部位
顔・VIO含む全身
価格 69,800円

眉毛や細かい毛は付属品の眉毛用ピンセットで処理しますが、ケノンはカートリッジ式のフラッシュ脱毛器(光脱毛器)であり、脱毛をする部位にライトを照射して使用します。

ケノンは顔からつま先までの全身に使用でき、VIO脱毛にも対応しています。日本人の肌質や毛質に合わせて設計されており、産毛から太い毛までを処理することが可能です。

ライトの出力は肌質に合わせて10段階から選択でき、ライトの照射時に痛みを感じる場合は、出力を下げることで痛みを緩和できます。

ケノンとその他の脱毛器を分析

分析_2

商品名 脱毛器ケノン
ケノン_脱毛器
脱毛ラボ脱毛器
脱毛ラボ_ホームエディション
脱毛方法 フラッシュ式 フラッシュ式
照射面積 9,25cm2 12.0cm2
照射レベル 10段階 5段階
交換方式 カートリッジ交換 交換不要
使用
可能部位
顔・VIO含む全身 顔・VIO含む全身
価格 69,800円 71,478円

「脱毛ラボ」はケノンと同じフラッシュ式の家庭用脱毛器であり、価格や機能はよく似ています。脱毛ラボもフェイス用シェーバーが付いており、顔脱毛にも対応しています。

ケノンと脱毛ラボの大きな違いは、ケノンはカートリッジの取り替えが可能であるのに対して、脱毛ラボは本体と一体型になっている点です。

ケノンは好みに応じて6種類のカートリッジに交換することで、きめ細やかな脱毛ができる点がメリットであり、脱毛ラボはカートリッジ代がかからないことがメリットです。

Point

眉毛用ピンセットで眉毛を脱毛できる

全身のムダ毛の自己処理に使用できる

脱毛ラボはカートリッジの交換が不要

ケノンの公式サイトへ

家庭用脱毛器ケノンの魅力

ポイント_3

では次に、家庭用脱毛器ケノンに搭載されている機能や脱毛効果などを詳しく見ていきましょう!

ツル美
カートリッジ交換式のケノンは多機能で高い脱毛効果が期待できます。

1秒連射のハイスピード照射

ケノン_美顔カートリッジ

ケノンは照射モードを切り替えることで、シングルショット、3連射、6連射が可能です。6連射モードにすると広範囲のムダ毛処理が短時間で終わります。

急いで脱毛をしたい場合は6連射モードにすると良く、時間をかけてじっくりと脱毛をしたい場合はシングルショットが適します。

毛量が多い部位だと6連射モードにすると照射漏れが発生する場合がありますが、照射漏れがあった場合は3連射やシングルショットにすると処理できます。

サロン並みの効果が期待できる

ケノン_プレミアムカートリッジ

ケノンは高性能な日本製のコンデンサを使用しており、ライトの照射パワーが強いことが特徴です。ハイパワーなライトの照射で、脱毛サロン並みの脱毛効果が期待できます。

一般的な家庭用脱毛器はコンデンサを1個しか搭載していませんが、ケノンは高性能なコンデンサを4個も搭載しており、ハイパワーを実現しています。

ただし、ケノンはあくまでも家庭用脱毛器であり、サロンやクリニックで使用している業務・医療用の脱毛器ではないので、期待できる脱毛効果は限界があります。

<注意点>

効果に関しては個人差があります。また、脱毛にはやけどや赤み、毛のう炎、硬毛化、増毛化などの症状が出てしまう場合もあります。

リスクや効果について不安な方は契約する前のカウンセリングで詳しく聞きましょう。

脱毛のリスクに関してさらに詳しく知りたい方は下記からご確認ください。

購入後のコストが抑えられる

割引_安い画像

カートリッジと一体型の脱毛器は、カートリッジが寿命になると使えなくなってしまいますが、ケノンはカートリッジを交換することでずっと使い続けることが可能です。

ケノンの6種類のカートリッジのうち「スーパープレミアム」は特に高寿命で、総回数が300万発にも及び、一度交換すると長期間にわたって使用できます。

6連射を多く使いすぎると、カートリッジの寿命が短くなるので、カートリッジ代を節約したい方はなるべくシングルショットか3連射で使用しましょう。

Point

6連射にすると短時間で脱毛ができる

家庭用脱毛器としてはハイパワー

カートリッジは300万発の照射が可能

ケノンの公式サイトへ

ケノンで自己処理する際の注意点

注意

ケノンは間違った方法で使用すると肌トラブルのリスクが高まります。では次に、ケノンで自己処理をする際に注意しなければならないことを見ていきましょう!

ツル美
肌トラブルを防ぐためにも、ケノンは正しい方法で使用することが大切です。

事前にある程度カットしておく

カミソリ_女性用

ケノンに限ったことではありませんが、フラッシュ式の脱毛器を使用する際は事前にムダ毛をある程度短くカットしておくことが必要です。

フラッシュ式の脱毛器は毛根のメラニン色素に反応して脱毛をするため、ムダ毛が長すぎるとライトが毛根に届かなくなり、期待できる脱毛効果が低くなってしまいます。

脱毛前のムダ毛処理は電気シェーバーを使用し、毛抜きは絶対に使用しないように注意しましょう。毛抜きを使うと毛根も一緒に抜けてしまい脱毛が困難になるからです。

しっかりと冷やす

保冷剤_冷やす

ケノンのようなフラッシュ式の脱毛器は、ライトを照射する際にが生じるため、肌をしっかり冷やさないと火傷をする恐れがあります。

ケノンには保冷剤が付属しており、ライトを照射する前後に保冷剤で肌を冷やすことが必要です。脱毛が終わってからお肌をクーリングすることで肌トラブルを防げます。

なお、ケノンに付属している保冷剤は小さいので、早く冷やしたい場合はドラッグストアなどで少し大きめの枕用の保冷剤を購入すると良いでしょう。

出力は徐々に上げていく

グラフ_出力の画像

ケノンはライトの照射レベルを10段階で調整できますが、いきなり照射レベルを上げてしまうと火傷などの肌トラブルのリスクが高まるので注意します。

最初の出力は10段階で3程度に設定しておき、除々に出力を上げていくことで照射時の肌トラブルを防げます。

照射時に痛みを感じる場合は出力が強すぎるので、痛みを感じないレベルまで照射レベルを下げましょう。6連射モードにすることでも痛みを抑えられます。

Point

事前に電気シェーバーでムダ毛をカットする

付属の保冷剤で肌を冷やしてから使用する

照射レベルは除々に上げるようにする

ケノンの公式サイトへ

自己処理が面倒な人はサロン・クリニックでの脱毛もおすすめ

クリニック

ケノンは眉毛や全身のムダ毛処理に使えますが、ムダ毛の自己処理は大変面倒です。自己処理が面倒な人は、サロン・クリニックでの脱毛をおすすめします。

ツル美
サロン脱毛やクリニックの医療脱毛について見ていきましょう!

サロン・クリニックで脱毛するメリット

メリット

ケノンなどの家庭用脱毛器やカミソリによる自己処理は、目視ができる部位しかムダ毛処理ができませんが、サロン・クリニックだと目視ができない部位の脱毛も可能です。

サロンはエステティシャンや脱毛技能士が施術を行い、クリニックは医師や看護師などの医療従事者が施術を行います。プロによる施術が受けられることは大きなメリットです。

サロン・クリニックで脱毛を続けると毛量が減るので、自己処理の回数を減少できます。特に医療脱毛は長期的な減毛効果が期待でき、長期間にわたって自己処理が楽になります。

サロン・クリニックで脱毛するデメリット

デメリット

ケノンなどの家庭用脱毛器やカミソリによる自己処理は自宅でできますが、サロン・クリニックの脱毛は店舗や医院に通うことが必要であり、面倒に感じる場合があります。

しかし、サロン・クリニックの多くは駅前の便利な場所に立地しており、電車などで通いやすくなっています。夜遅くまで施術が受けられるサロン・クリニックも多いです。

料金がかかる点もサロン・クリニックのデメリットですが、脱毛が完了すると自己処理の手間が省けるので、長期的に考えると自己処理費用を節約できます。

サロン・クリニックの脱毛の違い

分析

脱毛方法 クリニック
病院のテーブル画像
サロン
店舗
施術機器 医療
レーザー脱毛機
光脱毛器
(フラッシュ脱毛器)
施術者 医師・看護師 研修を受けた
エステティシャン
脱毛効果 長期的な滅毛効果 一時的な除毛効果
脱毛回数 5~6回 16~18回
脱毛期間 5か月~1年 2年半~3年
痛み 基本は強い 基本は弱い

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は医療行為になるため、施術は医療従事者が担当します。医療レーザー脱毛は高い脱毛効果が期待でき、長期的な減毛効果が得られます。

脱毛サロンの光脱毛は研修を受けたスタッフが担当します。脱毛が終わるまでの期間は長くなりますが、施術時の痛みが少ないことが特徴です。

少ない回数で早く脱毛を終わらせたい方はクリニックの医療レーザー脱毛が最適で、通う回数は増えても痛みの少ない脱毛を希望される方はサロンの光脱毛が向いています。

Point

目視ができない部位も含めて全身脱毛が可能

脱毛が完了すると自己処理の手間が省ける

クリニックは長期的な減毛効果が期待できる

眉毛脱毛ができるサロン・クリニックを紹介

サロン

では次に、眉毛脱毛や全身脱毛などができるおすすめの脱毛サロンとクリニックを紹介します。

ツル美
眉毛脱毛がおすすめのサロン・クリニックの特徴を見ていきましょう!

SHR脱毛方式を採用しているストラッシュ

ストラッシュ_MB

  • SHR脱毛の採用で痛みが少ない
  • 毛周期に関係なく施術が受けられる
  • 日焼け肌でも脱毛ができる可能性がある

ストラッシュはSHR脱毛を採用しており、毛根にダメージを与えず発毛の司令塔である「バルジ領域」にダメージを与えることで、施術時の痛みが少ないことが特徴です。

最新SHR脱毛機器には性別や肌の色、毛の密度、毛の太さ、毛の色を個別に設定できる機能があり、各個人にあわせた無駄のない施術を受けることができます。

参照URL:https://stlassh.com/datsumo/new-depilator/

SHR脱毛は毛周期に関係なく脱毛ができるため、都合の良い時に施術が受けられます。個人差はありますが、全身脱毛は最短6カ月で完了します。

SHR脱毛は光がメラニン色素に反応しないため、IPL方式では脱毛することが難しい日焼け肌の方でも脱毛ができる可能性があり、産毛や眉毛も脱毛することが可能です。

ストラッシュの公式サイトへ

蓄熱式で痛みが少ないフレイアクリニック

フレイアクリニック_MB

  • 蓄熱式脱毛器による施術で痛みが少ない
  • 各種オプション料金がかからない
  • 駅近で通いやすく平日は21時まで診療

フレイアクリニックは、発毛因子にアプローチする蓄熱式脱毛器を導入しており、施術時の痛みが少なく、日焼け肌や褐色肌の方でも脱毛ができる場合があります。

契約金額以外の追加費用がかからず、各種オプション料金は無料です。当日キャンセルする場合もキャンセル料はかからず、途中解約する場合は残回数分の料金が返金されます。

フレイアクリニックは全国の全ての院が駅近に立地しており、夜間の21時まで診療を行っています。施術ルームは完全個室で患者さんはリラックスして脱毛ができます。

フレイアクリニックの公式サイトへ

3種類の脱毛機を使い分けているリゼクリニック

リゼクリニック_MB

  • 3種類の医療レーザー脱毛器を完備
  • 痛み対策を徹底的に取り組んでいる
  • コースの有効期間は5年間

リゼクリニックは患者様一人ひとりの肌質や毛質に合わせて、3種類の脱毛器の中から最適なものを選んで施術を行います。これにより、高い脱毛効果が期待できます。

リゼクリニックは医療脱毛の痛み対策を徹底的に行っており、痛みが少ない蓄熱式脱毛器も完備しています。患者様が希望すると2種類の麻酔による痛みの緩和も可能です。

コースの有効期限は5年間もあるので、患者様は自分のペースで都合の良い時に通って施術が受けられます。コース途中での解約も可能で、コース未消化分の残金は返金されます。

リゼクリニックの公式サイトへ

おすすめサロン・クリニックの料金などを分析

分析_3

では次に、おすすめのサロン・クリニックの料金やキャンペーンなどをチェックしてみましょう!

ツル美
脱毛サロンのストラッシュと医療脱毛の2院を比較してみます。

眉毛・顔全体脱毛の料金を比較

body_6

クリニック
サロン名
眉間脱毛 顔脱毛
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
5,453円
(6回)
58,278円
(6回)
フレイア
クリニック
フレイアクリニックのロゴ
93,500円
(5回)
リゼ
クリニック
リゼクリニックのロゴ
102,080円
(5回)

ストラッシュは眉間脱毛の料金プランがあり、6回4,957円で眉毛の脱毛ができます。3回2,534円、10回7,491円のコースもあり、1回551円で試せる「お試しコース」もあります。

ストラッシュの顔脱毛は5回58,278円、1回あたり11,656円の他にも、12回105,578円、無制限148,104円のコースもあり、好みに応じて最適なコースを選べます。

フレイアクリニックの顔脱毛セットは5回93,500円で、1回あたりの料金は18,700円です。リゼクリニックは5回102,080円、1回あたり20,416円で顔全体の脱毛ができます。

全身脱毛の料金を比較

電卓

クリニック
サロン名
全身脱毛
(顔 or VIO含む)
全身脱毛
(顔・VIO含む)
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
105,336円
(6回)
フレイア
クリニック
フレイアクリニックのロゴ
267,300円
(5回)
360,800円
(5回)
リゼ
クリニック
リゼクリニックのロゴ
349,800円
(5回)
404,800円
(5回)

ストラッシュは全身脱毛の料金が安く、顔とVIOを含む全身61箇所の全身脱毛を6回105,336円、1回あたり17,556円でできます。

ストラッシュには都度払いで全身脱毛ができるプランもあります。来店ごとに料金を支払う都度払いだと1回24,178円で全身脱毛ができ、最終的には1回15,532円になります。

フレイアクリニックの全身脱毛は5回360,800円、1回単価72,160円なので、医療脱毛として料金が安いと言えるでしょう。リゼクリニックの全身脱毛は1回あたり89,056円です。

実施中のキャンペーンをチェック

キャンペーン_3

クリニック
サロン名
キャンペーン
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
・学割
・乗り換え割
・ペア割
・キッズ割
フレイア
クリニック
フレイアクリニックのロゴ
・学割
・乗り換え割
リゼ
クリニック
リゼクリニックのロゴ
・学割
・乗り換え割
・ペア割

ストラッシュは4種類のキャンペーンを実施中で、キャンペーンを利用すると料金が最大で30%OFFになります。全てのキャンペーンが最大30%OFFになるので大変お得です。

10歳以上のお子様を対象とする「キッズ割」もあり、お子様の料金が最大30%OFFになるだけでなく、お母様の脱毛料金も割引されます。

フレイアクリニックは学割で最大30,250円OFF、乗り換え割で最大30,000円OFFになります。リゼクリニックは学割の割引率が高く、学生さんは料金が最大で89,056円も割引されます。

Point

ストラッシュは眉間脱毛の料金が安い

フレイアクリニックは医療脱毛の料金が安い

リゼクリニックは学割キャンペーンが充実

ストラッシュの公式サイトへ

フレイアクリニックの公式サイトへ

リゼクリニックの公式サイトへ

総括:眉毛を脱毛するならケノンもいいけれどストラッシュでの脱毛もおすすめ!

ストラッシュ那覇店

ツル美
ケノンは自己処理に最適で、サロン脱毛ならストラッシュがおすすめです。

ケノンは家庭用脱毛器としては高性能で、あらゆる部位の自己処理をするのに最適です。付属の眉毛用ピンセットを使うと、自宅で簡単に眉毛脱毛ができます。

本格的な脱毛をするのであれば、眉間脱毛のメニューもあり、安い料金で痛みの少ない全身脱毛が可能なストラッシュをおすすめします。

医療脱毛では料金が安いストラッシュや痛み対策に取り組んでいるリゼクリニックがおすすめで、目的や予算に応じて自分に合っているサロン・クリニックを選びましょう!

ケノンの公式サイトへ

ストラッシュの公式サイトへ

レビュー件数14万件のケノン!

ケノン
ケノンティックのロゴ
商品名 ケノン
評価 ★★★★★
商品価格69,800円
特徴出力120%アップ
満足度98.4%
実績 脱毛器ランキング第1位

ケノンの公式サイトへ

SHR脱毛で最短6ヶ月で脱毛完了ストラッシュ!

ストラッシュ
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
サロン名 ストラッシュ
サロン
評価
★★★★★
脱毛料金 全身脱毛
105,336円
(6回)
営業時間 日~木11:00-21:00
金・土10:00-22:00
特徴 SHR脱毛で脱毛完了までが速い

ストラッシュの公式サイトへ

脱毛器カテゴリの最新記事