• 更新日:2021.06.10

脱毛後に毛穴を綺麗に保つ方法とは?毛穴が目立つ原因や注意点など徹底調査!

脱毛後に毛穴を綺麗に保つ方法とは?毛穴が目立つ原因や注意点など徹底調査!

ツル美の画像

脱毛美人スクールのツル美です!脱毛について詳しく解説していくのでツルツル肌を手に入れてくださいね!

どんな方法で脱毛すれば毛穴がキレイになるのか気になっていますか?いくら脱毛できても毛穴のブツブツが残ってはガッカリですよね。

せっかく脱毛するならツルツルのキレイな肌を手に入れたいもの。そこで今回は、脱毛後に毛穴が目立ってしまう原因・脱毛後の毛穴を目立たなくするための注意点などを紹介します。

毛穴のケアまでしてくれるおすすめの脱毛サロンについても紹介していきますので、脱毛方法にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

脱毛後の毛穴が目立ってしまうNGな脱毛方法は?

NG

ツル美
毛穴に負担をかける方法はNGですよ

私たちが普段行っている自己処理方法の多くが、毛穴が目立ってしまう方法です。毛穴が気になる方は、悪化することもあるので注意してください。

カミソリを使った自己処理

カミソリ_女性用

カミソリは手軽で、気軽にムダ毛を処理できる方法です。しかし、刃が直接肌に触れる処理方法なので、肌の角質までそぎ落としてしまう肌への負担の大きい方法でもあります。

皮膚とともに毛穴にまで負担がかかるので、埋没毛などの肌トラブルの原因の1つです。長年処理を続けると色素沈着が起こり、肌の色がもとに戻らないことも多くあります。

カミソリ自体も低価格で手軽に手に入るものですが、長年使用することを考えると費用もそれなりに必要です。

毛抜きを使った脱毛

ピンセット

毛抜きはカミソリと違いピンポイントでムダ毛を抜ける処理方法です。ただし、無理にムダ毛を引き抜く行為は、毛穴自体に負担がかかります。

そのため、処理後毛穴が炎症を起こし、毛穴が広がったまま戻らなくなるリスクもあります。また、ダメージを受けた毛穴に雑菌が入り込む毛嚢炎のリスクも高い方法です。

眉などを整えるには使い勝手の良い方法ですが、広範囲で長期間使用するのはおすすめできません

ブラジリアンワックス脱毛

くすり_塗り薬

ブラジリアンワックスの処理を簡単に説明すると、ワックスを付けた肌にシートをかぶせてワックスごとムダ毛を一気に剥がす方法です。

この方法は根元からムダ毛を処理できるメリットがありますが、毛抜きと同じように毛穴へのダメージが大きいデメリットもあります。

また、肌にもワックスが付着して無理やり引っ張られるので、皮膚へのダメージも甚大です。赤くはれてしまったり、炎症を起こしたりと、決して肌に優しい方法ではありません。

Point

毛穴や肌へのダメージで毛穴が開く

無理に引き抜く行為はNG

カミソリとワックスは肌へもダメージ

脱毛後の毛穴が目立たない脱毛方法は?

施術

ツル美
肌や毛穴へのダメージが少なければ、毛穴も開きませんよ

毛穴が目立たない脱毛方法を3つ紹介します。比較的肌に優しい脱毛方法でも、施術後は必ず保湿を行い肌をケアしてください。

除毛クリームを使った自己処理

除毛クリーム

除毛クリームは毛の構成成分であるたんぱく質を溶かして、毛を処理する方法です。クリームを塗って放置するだけなので、毛穴に負担がかかりません。

また、広範囲を一気に処理できるメリットがあります。ただし、皮膚の表面のムダ毛にしか効果が無いので、成長してきたら定期的に処理が必要です。

敏感肌用などの肌に優しいものもあるので、自分に合うものを探してください。初めて使用する製品は、パッチテストが必須です。

光を照射して毛根に作用する光脱毛

epilator_2

光脱毛はサロンで行われる脱毛方法で、肌の上から光を照射するだけなので摩擦や引き抜きによるダメージを肌や毛穴に与えません。

光は熱に変換されて、毛根に作用します。その後は体毛が抜け落ちて、毛が抜け落ちた毛穴が塞がるという仕組みです。

光脱毛は光の威力が比較的弱いので、緩やかに脱毛が進んでいきます。即効性はありませんが、顔やVIOなどデリケートゾーンにも使用できる脱毛方法です。

毛乳頭にダメージを与えるレーザー脱毛

施術_クリニック

レーザー脱毛は医療機関で行われている脱毛方法です。こちらも光脱毛と同じで、皮膚の内部の器官に作用して、脱毛を進めていきます。

光脱毛よりも強い力でレーザーを照射するので、脱毛は比較的早く完了します。光脱毛と同じように毛が抜け始めるので、肌のケアはしっかりと行ってください。

保湿を行い肌を正常な状態に保つことで、痛みや肌トラブルのリスクを下げる効果があります。

Point

体毛を溶かして除去する除毛クリーム

緩やかに脱毛が進む光脱毛

強いレーザーを照射するレーザー脱毛

光脱毛やレーザー脱毛で毛穴が目立たなくなる理由

理由_1

ツル美
どちらも皮膚内部に作用して、脱毛を促す方法ですよ

毛穴が根元から抜け落ちる光脱毛とレーザー脱毛は、3つのポイントで毛穴が目立たなくなります。

毛穴に皮脂や汚れが詰まりにくくなるから

ude_4

毛穴が引き締まり閉じると、毛穴の中に皮脂や黒ずみが溜まりにくくなります。そのため、白い肌で目立っていた毛穴が目立ちにくくなるという構造です。

毛穴に汚れが溜まりやすい方も、脱毛をすることで改善することもあります。ピーリングなどしてもすぐに溜まってしまう方は、脱毛を検討してみてください。

ピーリングや毛穴パックのように即効性はありませんが、徐々に皮膚の状態が改善されて毛穴も目立たなくなります。

カミソリと違い処理後の断面が残らないから

foot_8

カミソリでの処理は、ムダ毛を皮膚の表面に出ている部分だけ剃り落とす方法です。そのため、次に生えてくるムダ毛は断面が広がり、毛が太くなったように錯覚します。

これにより、体毛が強調されて毛穴が目立っていました。それに比べて脱毛では、処置を受けた体毛は時間とともに抜け落ちます。

そのため、断面が残らないので毛穴が目立ちません。抜け始めるまでに1~2週間の時間が必要で、無理に引き抜くと毛穴にダメージを与えるので注意してください。

自己処理の負担がなくなり肌の状態が良くなるから

かお

実は肌トラブルの多くが、自己処理によるものです。特にカミソリやワックスなど、肌や毛穴に負担をかける処理方法は、長期的な自己処理には向きません。

光脱毛やレーザー脱毛は細胞に作用して、根本からムダ毛を処理するので自己処理の回数が劇的に少なくなります。

自己処理の回数が減れば、それだけ肌トラブルのリスクも軽減できます。肌を正常な状態で維持できれば、毛穴も塞がりやすく目立たなくなる仕様です。

Point

毛穴に汚れや皮脂が溜まりにくくなる

カミソリでは断面がそのまま残る

根本的に脱毛できるので処理回数が減る

おすすめの脱毛サロン・クリニックを紹介

クリニック

ツル美
光脱毛・レーザー脱毛が受けられるクリニックとサロンを紹介します

今回紹介するのはレジーナクリニックとエミナルクリニックの脱毛クリニックと、脱毛サロンのシースリーです。

最短8ヶ月で全身脱毛ができるレジーナクリニック

レジーナクリニック_MB

ツル美
脱毛料金以外の追加費用がかからないクリニックですよ
クリニック レジーナ
クリニック
レジーナクリニックのロゴ
脱毛機 蓄熱式
脱毛の種類 レーザー脱毛
脱毛ペース 2ヶ月に1回
施術時間
(1回あたり)
60分
店舗数 16店舗

レジーナクリニックは蓄熱式の脱毛方法を採用していて、毛周期に関係の無い定期的な施術ができます。そのため、通常年単位でかかる脱毛を1年以内で完了することが可能です。

また、タイプの異なる熱破壊式の脱毛器も導入しているので、さまざまなタイプの肌質や毛質に対応できます。

店舗は北海道から九州まで全国に構えていて、平日は夜の21時まで営業中です。仕事終わりでも施術を受けられるので、忙しい方でも脱毛を継続できます。

レジーナクリニックの公式サイトへ

医療脱毛ながら痛みが少ないエミナルクリニック

エミナルクリニック_MB

ツル美
医師が行うカウンセリングは無料ですよ
クリニック エミナル
クリニック
エミナルクリニックのロゴ
脱毛機 蓄熱式・熱破壊式
脱毛の種類 レーザー脱毛
脱毛ペース 1ヶ月に1回
施術時間
(1回あたり)
60分
店舗数 22店舗

エミナルクリニックの導入している脱毛器は、低レベルの照射を連続して行う脱毛器です。1回の衝撃が小さいので、感じる痛みも少ないという特徴があります。

また、1カ月に1回のペースで定期的に施術を受けられるので、脱毛の進みが速いクリニックです。施術時間が短いので、それだけ1日に予約枠が増加しています。

何よりも万が一の肌トラブルの際は、治療費をエミナルクリニックが負担して対応してくれます。治療に必要なお薬代も0円です。

エミナルクリニックの公式サイトへ

永久メンテナンス保証が付いているシースリー

シースリー_MB

ツル美
広々とした空間で施術を受けられる、高級ホテルがコンセプトのサロンです
サロン シースリー
シースリーのロゴ
脱毛機 SHR方式
脱毛の種類 光脱毛
脱毛ペース 3ヶ月に1回
施術時間
(1回あたり)
最短45分
店舗数 57店舗

シースリーの大きな特徴は、「永久メンテナンス保証」が約束されていることです。何度でも通うことができ、期限が決められていないので再発が不安な方におすすめします。

施術後はシースリー独自のアフタークリームでケアを行うので、脱毛と同時にツルツルの肌を手に入れることが可能です。

基本的に契約した店舗以外でも施術が受けられます。また、シースリー公式サイトから24時間予約ができるシステムです。

Point

追加費用のいらないレジーナクリニック

痛みが感じにくいエミナルクリニック

どの店舗でも予約が取れるシースリー

シースリーの公式サイトへ

脱毛サロンとクリニックにはどんな違いがある?

メリットデメリット

ツル美
2つの大きな違いは、脱毛方法ですよ
使用機器 光脱毛機
光脱毛
医療レーザー脱毛機
レーザー脱毛
施術者 研修を受けたスタッフ 医師・看護師
脱毛回数 16〜18回 4〜8回
脱毛期間 2年半〜3年 4ヶ月〜1年
痛み 一般的には弱い 一般的には強い

同じようなサービスを提供しているクリニックとサロンですが、その脱毛方法には大きな違いがあります。

サロンで行われる光脱毛のメリットは、低威力での照射のためトラブルのリスクが低い点です。

医療レーザー脱毛は強い威力での施術で脱毛効果を得られます。しかし、痛みやトラブルのリスクは高まります。

医療レーザー脱毛は痛みが強くても、高い脱毛効果を期待している方におすすめです。光脱毛は痛みが苦手で、施術回数を重ねても良い方におすすめの方法です。

それぞれの脱毛サロン・クリニックを徹底分析

分析

ツル美
比較すると、クリニックとサロンの特徴が分かりますよ

全身脱毛の料金を比較

ツル美
回数が違う点にも注目してくださいね
クリニック
サロン名
料金
(回数)
リンク
レジーナ
クリニック
レジーナクリニックのロゴ
375,900円
(5回)
公式詳細
エミナル
クリニック
エミナルクリニックのロゴ
294,800円
(5回)
公式詳細
シースリー
シースリーのロゴ
95,000円
(6回)
公式詳細

レジーナクリニックの全身脱毛は高額ですが、脱毛料金の中にすべての費用が組み込まれています。そのため、麻酔を使用しても剃り残しがあっても追加費用は発生しません。

エミナルクリニックは医療脱毛としては低価格な料金です。もっと価格を抑えたいのなら、顔とVIOを脱毛しないだけで全身脱毛を174,900円で契約できます。

シースリーはこの中で一番低価格で全身を脱毛できます。また、回数が1回多い設定なので、1回当たりの単価も約26,000円と低価格です。

実施中のキャンペーンをチェック

ツル美
後からの使用はできないので、忘れずに使用してください
クリニック
サロン名
キャンペーン リンク
レジーナ
クリニック
レジーナクリニックのロゴ
キャッシュレス
2%還元
公式詳細
エミナル
クリニック
エミナルクリニックのロゴ
・乗り換え割
・学割
・ペア割
公式詳細
シースリー
シースリーのロゴ
・家庭用脱毛器
プレゼント
・リゾート宿泊
プレゼント
公式詳細

レジーナクリニックは適正価格での提供にこだわっているので、大幅に減額するキャンペーンは行っていません。現在行っているのはPayPayのキャッシュレスによる還元です。

エミナルクリニックのキャンペーン内容は、学割が10%OFF。ペア割と乗り換え割が最大5万円の割引です。キャンペーンを使用しても分割での支払いができます。

シースリーではプレミアム全身脱毛を契約された方に、家庭用脱毛器かリゾートホテルペア宿泊券をプレゼントしています。

Point

クリニックとサロンは脱毛方法が異なる

レジーナクリニックは麻酔が無料

エミナルクリニックは医療脱毛が低価格

総括:脱毛後の毛穴をキレイに仕上げるならレジーナクリニックがおすすめ!

レジーナクリニックの院内

ツル美
自己処理で肌が荒れている方は、脱毛で改善することもありますよ

毛穴が目立ってしまうのにはいくつか理由があり、その理由は脱毛で改善することができます。長年毛穴の黒ずみなどに悩んでいるのなら、脱毛も検討してみてください。

特に医療脱毛は高い威力で照射するので、高い脱毛効果を期待できます。おすすめなのは、レジーナクリニックです。

脱毛方法に蓄熱式を採用しているので、肌の色が濃い方でも脱毛することができます。

また、21時まで営業しているので、平日が仕事の方でも予約が取りやすく、通いやすいクリニックとなっています。

全身脱毛が最短8ヶ月で完了!レジーナクリニック!!

レジーナクリニック
レジーナクリニック
レジーナクリニックのロゴ
クリニック名 レジーナクリニック
クリニック
評価
★★★★★
脱毛料金 全身脱毛5回207,900円
VIO5回84,400円
営業時間 平日12:00〜21:00
土日祝日11:00〜20:00
キャンペーン 全身月々6,930円

レジーナクリニックの公式サイトへ

脱毛カテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次