• 更新日:2021.07.12

うなじの剃り方を徹底調査!電気シェーバーと脱毛サロンどっちがいい?

うなじの剃り方を徹底調査!電気シェーバーと脱毛サロンどっちがいい?
この記事を読むのに要する時間: 8

ツル美の画像

脱毛美人スクールのツル美です!脱毛について詳しく解説していくのでツルツル肌を手に入れてくださいね!

直接目で見ながら処理できないうなじ

感覚だけを頼りに処理してしまうと、肌を傷つける可能性があるので正しいうなじの剃り方を知りたいですよね。

そこで今回は、処理しづらいうなじの剃り方について説明していきます。

うなじの産毛は自分ではあまり気にならないですが、後ろに並んだ時など人の視線に入りやすい部位です。しっかりケアをしてうなじ美人になりましょう!

うなじの剃り方

うなじ_5

ツル美
セルフでの剃り方のコツを見ていきましょう。

うなじを自分で剃るのは危険なので脱毛のプロに任せるが理想ですが、どうしても自分で処理しなければならない場合は三面鏡を用意しましょう。

自分の目では見えないうなじを、感覚だけで剃るのは危ないです。三面鏡を使ってカミソリの位置や角度を確認しながらゆっくり剃り進めてください。

このとき、保湿のためにクリームを塗っておくのをおすすめします。また、T字カミソリよりも電気シェーバーを使うと比較的安全でしょう。

うなじのデザイン

check_3

ツル美
うなじのデザインは大きく4種類です。
  • W型
  • MW型
  • U型
  • 直線型

アルファベットの「W」の形をしたW型は、ナチュラルな仕上がりを目指す人におすすめです。デザインで悩んだらこれにしておくといいでしょう。

W型よりもギザギザ部分が多いMW型も自然な仕上がりです。大人っぽさを演出したい人に向いています。

U型は大きくラウンドしているデザインで、スッキリ仕上がります。親しみやすさや優しい印象を与えるデザインでもありますよ。

直線型は、名前の通り直線に整えたうなじのことで、男性っぽさやスポーティーな印象を与えられます。ボーイッシュな雰囲気を目指す人におすすめです。

うなじを剃るのにおすすめの電気シェーバー

シェーバー_5
先ほど「カミソリよりも電気シェーバーがおすすめ」とお伝えしましたが、数あるシェーバーの中でもおすすめのものをご紹介します。

ツル美
3種類ピックアップしてみました。

丸い刃先で肌にやさしいパナソニック

パナソニック_ESWR50P

ブランド パナソニック
パナソニックES-WR50-Pボディシェーバー
商品 ESWR50P
本体サイズ 156×17×30mm
使用電池 単4形アルカリ乾電池
価格 3,960円

肌にやさしい「うす刃(約0.12 mm)」が特徴のシェーバーで、これ1つでうぶ毛から濃いムダ毛まで処理することができます。

肌の凹凸に合わせて肌に吸いつくように動く構造なので剃り残しも目立たず綺麗に仕上がりますよ。

コンパクトなデザインで持ち運びにも便利。持ちやすさや使いやすさにもこだわったアイテムなので、安心してうなじを処理したい人におすすめです。

完全防水設計でお風呂で使用可能なブラウン

ブラウン_LS5,160R1レディースシェーバー

ブランド ブラウン
ブラウン_LS5,160R1レディースシェーバー
商品 LS5160R1
本体サイズ 143.5×51.5×34.2mm
使用電池 単3乾電池
価格 3,690円

こちらのシェーバーは、ムダ毛処理だけでなく角質除去もできるアイテムです。角質除去アタッチメントが付いているので、角質を処理しながらムダ毛処理ができますよ。

完全防水設計なので風呂やシャワーの際にお手入れができ、シェーバーは水洗いが可能です。

丸みのあるヘッドなので、持つ時に安定感があります。肌にやさしくなめらかに沿いながら深ぞりもできますし、トリミングコームで長さを整えることもできます。

まるごと水洗いできるテスコム

テスコム_LD510-P

ブランド テスコム
テスコム_LD510-P
商品 LD510-P
本体サイズ 161×55×40mm
使用電池 ニッケル水素電池
価格 3,300円

このシェーバーはワイドサイズなのが特徴で、広い範囲を一気にシェービングできます。剃りやすさも申し分ありません。

肌にしっかり刃があたり、乾いた肌でもシェービングできますが、防滴構造なので水洗い・石けん剃りも可能です。

国内・海外両用タイプ(AC100V-240V)なので、旅行用に持ち運ぶのにもいいですね。充電してコードレスで使えるので、どこでもお手入れできます。

Point

パナソニックはコンパクト

ブラウンは角質除去もできる

テスコムは国内・海外両用タイプ

自己処理と脱毛はどっちがいいの?

お腹_7_施術
うなじ処理はプロに任せるが理想ですが、自己処理がおすすめな人とはどんな人なのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

ツル美
自己処理とサロンで悩んでいる人は参考にしてみてください。

自己処理がおすすめな人

epilator_3

ツル美
自己処理がおすすめな人からご紹介します。

好きな時間に脱毛をしたい

「サロンに通うのがめんどう」「好きな時間に脱毛をしたい」という人は自己処理が向いています。

脱毛に通うと少なくとも半年はかかりますし、手軽にササッと処理したい人は自己処理でも満足できるでしょう。

ただ、「デザインに失敗した」「肌トラブルが起きた」なんてことがないように十分に注意してください。

コストを抑えたい

脱毛に通う場合、うなじ脱毛だけでも数万円の費用がかかるものです。一方シェーバーなら3,300円前後で済みます。

「あまりお金をかけたくない」ということであれば、シェーバーから始めてみるといいでしょう。

もともとうなじが薄く、「整える程度でいい」「うなじの濃さに悩んでいない」という人は自己処理でも大丈夫です。

脱毛がおすすめな人

施術_クリニック

ツル美
サロンがおすすめな人はコチラ。

プロに施術してほしい

自分で処理するのが不安な人は、サロン脱毛を選びましょう。不安なまま処理をすると、後悔に繋がります。

思うように剃れず、「肌を傷つけてしまうかもしれない」という不安でストレスにもなるものです。

うなじは第三者からよく見られる部位。肌を傷つけてしまってからでは遅いですし、よほどな理由がなければプロに任せるのが無難です。

失敗するのを避けたい

肌を傷つけるのはもちろんですが、失敗するのは何よりも避けたいですよね。あからさまに剃り残しがあったり、ラインがおかしなことになってしまったり…。

自分一人で綺麗に仕上げるのは限界がありますし、自然な仕上がりを目指すならサロンを選びましょう。

デザインで悩んでいる人は、カウンセリングの際に似合うデザインを見極めてもらってもいいですね。

Point

シェーバーなら3,300円前後で済む

自然な仕上がりを目指すならサロン

自分一人で綺麗に仕上げるのは限界がある

うなじのシェービングサービス付きの脱毛サロン

チェック
脱毛サロンでは事前のシェービングがルールですが、うなじを自分で剃るのは難しいです。そこで、シェービングサービス付きの脱毛サロンをご紹介します。

ツル美
2つのサロンを厳選してご紹介します。

産毛までしっかり脱毛できるラココ

ラココ_MB

ツル美
まずおすすめなのがラココです。

ラココをおすすめする理由

  • 最短6ヶ月で卒業できる
  • 痛みが少ない
  • 日焼け肌でも施術可能

シェービングサービス付きということはもちろんですが、ラココは毛質や肌質に左右されずに脱毛できるサロンです。

首は日焼けしやすい部位ですが、ラココなら日焼け肌でも安心して脱毛できます。痛みも少なく、あっという間に施術が終わりますよ。

毛周期に関係なく施術できるので、月1ペースで通えばわずか半年でうなじ脱毛を完了できることになります。

ラココの料金プラン

部位 うなじ脱毛
うなじ
全身脱毛
全身
1回 3,300円
3回 9,900円
5回 15,500円 86,900円

ラココは部分脱毛が可能な点もおすすめポイントの一つです。1部位1回から可能なので、まずは気軽に受けてみるといいでしょう。

他の部位のムダ毛も気になるようであれば、うなじを含む全身の脱毛をおすすめします。脱毛範囲が広い方がコスパが良いのですね。

うなじが濃かったり、綺麗に仕上げたい人は、全身5回にうなじの部分脱毛を追加してもいいでしょう。

ラココの公式サイトへ

SSC脱毛で肌に優しいミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム_MB

ツル美
つぎにミュゼをご紹介します。

ミュゼプラチナムをおすすめする理由

  • 美肌効果も期待できる
  • 痛みを抑えられている
  • 肌ダメージが少ない

ミュゼの脱毛はジェルの上から光を当てて脱毛する S.S.C.方式で、ジェルと光の相乗効果で安全に脱毛します。

安定したライトとジェルに含まれる美容成分によって、痛みを抑えた肌ダメージの少ない脱毛が可能です。

照射後のトリートメントには、プラセンタエキス配合のミルクローションを使用しているため、ツルツルに仕上がりますよ。美肌効果も期待できるのは嬉しいですよね。

ミュゼプラチナムの料金プラン

デイリー
プラン
うなじ脱毛
うなじ
デイリー
プラン
全身脱毛
全身
2回 8,470円 1回 58,960円
8回 33,880円
(16,800円)
4回 235,840円
(123,368円)
12回 50,820円
(25,410円)
6回 353,760円
(135,406円)

※()内の料金はアプリダウンロード価格

ミュゼにはデイリープランとレギュラープランがあり、こちらの表にあrのはデイリープランの料金です。安いのはデイリープランになります。デイリープランは平日の12時〜18時までしか通えないという条件付きでこの価格です。

レギュラープランは営業時間内ならいつでも施術できます。ミュゼはアプリのダウンロードで安くなるのも特徴です。

アプリダウンロード価格で安く必要な回数を施術できるので、脱毛部位や回数をよく検討してみてください。

Point

シェービング無料のサロンがお得

ラココなら日焼け肌でも脱毛可能

ミュゼはデイリープランが安い

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

脱毛サロンを分析

分析
ラココとミュゼの2つのサロンをご紹介しましたが、脱毛料金や脱毛方法にはどのような違いがあるのかチェックしていきましょう。

ツル美
それぞれのキャンペーンについても紹介します。

うなじ脱毛の料金

サロン うなじ脱毛の
料金
1回あたりの
料金
リンク
ラココ
ラココのロゴ
15,500円
(5回)
3,300円 公式詳細
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
40,480円円
(8回)
4,600円 公式詳細

うなじのみを脱毛する場合はこちらの価格になりますが、1回あたりの料金で比較するとわかりやすいですね。

ミュゼはうなじ8回のレギュラープランの価格を記載していますが、アプリダウンロード価格で20,240円になりますよ。デイリープランならもう少し安くなります。

「とりあえず1回だけ脱毛したい」という人には1部位1回から気軽に脱毛できるラココ、「費用を抑えたい」という人にはミュゼがおすすめです。

全身脱毛の料金

サロン 全身脱毛 料金 リンク
ラココ
ラココのロゴ
顔・VIO 86,900円 公式詳細
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
VIO 163,954円 公式詳細

うなじを含む全身脱毛の料金で比較していきましょう。全身脱毛ともなると料金差が大きくなります。

まず、ラココは料金が安いのが特徴です。顔・VIOを含む全身脱毛でこの安さを実現しています。後述しますが、キャンペーンを利用すればより費用を抑えられます。

ミュゼはレギュラープランのアプリダウンロード価格を記載しています。ミュゼでは顔脱毛ができないので、その点は頭に入れておきましょう。

また、襟足(うなじ)は12回以上契約の場合のみ含まれるので、カウンセリングの際に脱毛範囲や回数はよく相談して決めてください。

脱毛方法を比較

サロン ラココ
ラココのロゴ
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
全身の施術時間 20分 45分
施術間隔 月に1回通える 1~3カ月に1回
日焼け肌 脱毛できる 脱毛できない
リンク 公式詳細 公式詳細

ラココは脱毛機メーカーが開発した「ルミクス」という脱毛機をしようしており、痛みの少ない蓄熱式脱毛になります。

蓄熱式の脱毛はムダ毛の種となる部分にじんわりアプローチしていくため、毛質や肌質に関係なく施術でき、痛みがほとんどありません。

ミュゼではジェルが必要な脱毛方法になり、毛周期に合わせて脱毛します。ジェルと光の相乗効果により、濃いうなじにもしっかり効果を発揮します。

痛みは少ないものの、毛が濃いほど痛みを強く感じるのが特徴です。しかし、照射パワーの調整で痛みを軽減することもできるのでご安心ください。

キャンペーンをチェック

サロン キャンペーン リンク
ラココ
ラココのロゴ
・乗り換え割
・ペア割
・学割
・紹介割
公式詳細
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
・ワキ+Vライン
通い放題
公式詳細

よりお得に脱毛する方法は、キャンペーンをうまく活用することです。ラココもミュゼもお得なキャンペーンを実施しているので、ぜひ利用してみてください。

ラココのキャンペーンは4種類。それぞれ最大10%キャッシュバックが適用されます。キャンペーンが充実しているので、利用しやすいものを選んでみましょう。

ミュゼのキャンペーンは、ラココのような割引ではなく、部分脱毛を格安に体験できるものになります。

ワキとVラインをたったの100円で脱毛できるので、「ミュゼの脱毛ってどんな感じ?」と興味がある人はこちらから試してみてくださいね。

Point

ラココは料金が安い

ラココはキャンペーンが豊富

ミュゼはたったの100円から脱毛できる

総括:うなじの剃り方を知って自己処理するのもアリ!失敗したくないならラココへ行こう

ラココ_脱毛機
うなじを自分で処理するというのも一つの方法ですが、背面の処理なので少しこわいですよね。

もし自己処理から試してみたいのなら、電気シェーバーを使って安全第一でシェービングをおこなってください。

少しでも不安があるようなら、脱毛サロンをおすすめします。デザインで悩むこともなく、自然な仕上がりになりますよ。

ラココもミュゼもおすすめですが、どちらかというと安くて痛みがほとんどなく、気軽にうなじ脱毛ができる「ラココ」がおすすめです!

痛くない脱毛サロン・ラココ!

ラココ
ラココ
ラココのロゴ
サロン名 Lacoco(ラココ)
サロン
評価
★★★★★
脱毛料金 全身脱毛
月額3,300円~
営業時間 平日10:30〜21:30
土日祝日10:30〜20:00
※店舗による
特徴 最短8ヶ月で脱毛完了

ラココの公式サイトへ

部位脱毛カテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次