• 更新日:2021.06.15

パイパンのやりかたが気になっている方必見!VIOを剃る方法や注意点を紹介!

パイパンのやりかたが気になっている方必見!VIOを剃る方法や注意点を紹介!

ツル美の画像

脱毛美人スクールのツル美です!脱毛について詳しく解説していくのでツルツル肌を手に入れてくださいね!

デリケートゾーンの毛を全剃りするパイパンのやりかたを知っていますか?

VIOを清潔に保てるだけでなく見た目にもキレイなので、全剃りする人も増えてきました。

ただ、初めてパイパンにする人はやりかたがわからない人も多いはずです。そこで今回は、パイパンのやりかたを紹介します。

パイパンにする際の注意点も紹介しているので、必ずチェックしてくださいね!

自宅で簡単にできるパイパンのやりかた

VIO_ハイジニーナ
デリケートゾーンの脱毛をする際には自宅で簡単にできる方法があるので、そちらをご紹介します。

ツル美
道具や方法を見ていきましょう!

自己処理の際に用意するもの

  • タオル
  • シェービングクリーム
  • ハサミ
  • カミソリ・電気シェーバー
  • 化粧水や乳液

自己処理を始める前に、タオル・シェービングクリーム・ハサミ・カミソリやシェーバー・化粧水などを手の届く位置に用意しましょう

シェービングクリームは、肌をカミソリやシェーバーの刺激から守り肌の表面に傷が付くことを防ぎます。

ハサミで大まかに長い毛をカットし、カミソリやシェーバーで綺麗に剃っていくのでどちらも用意しておくと便利です。

自己処理をした後には保湿をしてあげたほうが良いので、化粧水や乳液を使って乾燥や刺激から肌を守ります。

やり方は簡単!パイパンにする手順

  1. デリケートゾーンを温める
  2. 長い毛をハサミでカットする
  3. シェービングする
  4. 保湿する

まずは処理をする前にデリケートゾーンを温め、毛穴を開き毛を処理する際に肌に過度の負担がかからないようにしましょう。

また、いきなりシェービングをしてしまうと毛が引っ張られて肌を傷めてしまうので、長い毛は事前にハサミでカットしておきます。

全体を短めに整えることができたら、毛の流れに逆らわないように気をつけながらシェービングです。

最後に全体を化粧水や乳液、クリームなどを使って保湿し、乾燥などによる肌荒れから肌を守ってあげましょう。

Point

事前に温めて毛穴を開いておく

長い毛はハサミでカットしておく

毛の流れに沿って剃る

パイパンの処理方法は?

疑問
続いては、実際に処理を行う際に使うことができる道具について、詳しくご紹介していきます。

ツル美
3つ見ていきます!

カミソリ

カミソリ_女性用
1つ目はカミソリです。カミソリはドラッグストアなどどこでも手に入れやすく、他の部位の自己処理にも使うことができます。

刃が毛をカットしていくというイメージなので、肌の表面に出ている毛のみを処理することが可能です。

ただし、カミソリは刃物なので、自分で見ることが難しくカーブの多いデリケートゾーンに使用する場合には注意が必要となります。

毛の流れとは逆から剃る逆剃りは肌を傷める可能性があるので、毛の流れに沿って優しくシェービングするようにしましょう。

電気シェーバー

シェーバー
2つ目は電気シェーバーです。カミソリよりも肌への負担が少ないとされ、優しく処理することができます。

電気シェーバーはデリケートゾーンや顔など、皮膚が薄く繊細な場所の毛を処理するのに向いているのが特徴です。

肌への負担がなるべく少なくなるよう考えられているので、カミソリと比べると肌トラブルが起きにくいというメリットもあります。

家電量販店ではもちろん、最近はドラッグストアなどで手に入れることができる場合もあります。

家庭用脱毛器

epilator_2
3つ目は家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器があれば、自宅で脱毛サロンやクリニックに近い脱毛をすることができます。

カミソリやシェーバーとの大きな違いは、肌の表面に出ている毛を処理するのではなく毛を作る組織などにダメージを与えることができる点です。

そのため、使用回数を重ねていくことで、毛の生えにくい状態を作ることができるようになっています。

ただし、家庭用脱毛器は取り扱いに注意しなければならないので、説明書をよく読み正しく扱うようにしてください。

Point

カミソリは手に入れやすい

電気シェーバーは肌に優しい

家庭用脱毛器は組織に作用する

パイパンにする際のポイント

ポイント_3
続いては、デリケートゾーンの毛を全て処理する際に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

ツル美
ポイントは3つです!

お風呂上がりに処理する

お風呂
1つ目のポイントは、肌が乾燥した状態にならないようになるべくお風呂上がりに処理するようにするというものです。

お風呂上がりは適度に肌に水分があり、毛穴も開いて自己処理をしやすい状態になっています。

肌が柔らかくなっている状態で処理することで、肌や毛穴に無理な負担をかけず肌トラブルのリスクを抑えることが可能です。

また、浴室内は滑りやすく危険なので、お風呂の中ではなくお風呂から上がって落ち着いた状態を作ってからにしましょう。

毛の流れに沿って剃り進める

うで_自己処理_1
2つ目のポイントは、毛の流れに沿って剃るようにし、流れとは逆方向に剃る逆剃りはしないというものです。

逆剃りは肌への負担が大きく、毛穴が目立ってしまったりカミソリ負けを起こしたりと肌トラブルを引き起こす場合があります。

特にデリケートゾーンは肌が薄く繊細なので、処理の際はなるべく肌や毛穴に負担をかけないことが重要です。

鏡を見ながら生えている方向をチェックし、その流れに沿って剃り進めていくようにしましょう。

毛周期に合わせて処理をする

毛周期

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

3つ目のポイントは、毛の生えてくる毛周期に合わせて自己処理を行うようにするというものです。

毛は毛が成長し伸びる成長期・抜け落ちる退行期・一時的に発毛が止まる休止期という期間を繰り返しています。

毛が肌の表面に出ているのは成長期なので、この期間に処理するのが最も望ましいとされています

一般的にデリケートゾーンの毛周期は4ヶ月とされているので、デリケートゾーンの脱毛は4ヶ月に1回程度が最適です。

Point

お風呂上りに処理する

毛の流れに沿って剃る

毛周期に合わせて処理する

自己処理の負担を減らすなら脱毛もあり!

お腹_7_施術
デリケートゾーンの自己処理は負担がかかりやすく、間違った処理は怪我をするリスクもあります。

より安全に肌への負担も少なくするためには、脱毛サロンやクリニックでプロに脱毛してもらうという方法がおすすめです。

自己処理に比べるとお金がかかるという問題はありますが、脱毛すれば長期的に自己処理をしなくてよい状態を目指すこともできます。

最近では手ごろな価格で脱毛できるところも多く、キャンペーンなどを使ってよりお得に脱毛することも可能です。

パイパンもできる!おすすめの脱毛サロン・クリニック

サロン_2
ここからは、デリケートゾーンの脱毛を受けることができるおすすめの脱毛サロン・クリニックをご紹介していきます。

ツル美
3社見ていきましょう!

SHR方式で痛みが少ないストラッシュ

ストラッシュ_MB

部位 6回 12回 無限
Vライン
Vライン
49,500円 105,633円
Iライン
Iライン
18,150円 35,211円
Oライン
Oライン
18,150円 35,211円
VIO
VIO
42,980円 77.980円 110,980円

1社目にご紹介するのは、SHR方式の脱毛を受けることができ、痛みの少ない施術が可能なストラッシュです。

SHR方式とは、毛を包んでいる毛包の中のバルジ領域という部分にダメージを与えることで毛を生えにくくさせるという脱毛方法になっています。

毛の色素に反応するタイプの脱毛器とは異なるので、痛みを感じにくくリラックスして施術を受けることが可能です。

また、施術時間が短かかったり、産毛のような細い毛にも効果が出やすいというメリットもあります。

ストラッシュの公式サイトへ

SSC方式で肌にやさしいミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム_MB

部位 8回 12回
Vライン
Vライン
40,480円 60,720円
Iライン
Iライン
20,240円 30,360円
Oライン
Oライン
20,240円 30,360円

2社目にご紹介するのは、S.S.C.方式の脱毛を受けることができ、肌に優しい施術を受けることができるミュゼプラチナムです。

S.S.C.方式とは、ジェルとライトを合わせて使うことで毛穴からジェルの成分が浸透し、それによって毛が生えにくい状態を作っていく脱毛方法になっています。

肌への負担が少ないので肌が弱い方も受けることができ、照射時の痛みが少ないこともメリットです。

ミュゼプラチナムでは仕上げのトリートメントに美肌成分が含まれているので、脱毛と同時に美肌も目指すことができます。

ミュゼプラチナムの公式サイトへ

照射期限を設けない湘南美容クリニック

湘南美容クリニック_MB

部位 1回 3回 6回
Vライン
Vライン
6,180円 17,730円 29,280円
Iライン
Iライン
6,180円 17,730円 29,280円
Oライン
Oライン
6,180円 17,730円 29,280円
VIO
VIO
9,800円 28,500円 54,400円

3社目にご紹介するのは、照射期限がないので自分のペースで通いやすい湘南美容クリニックです。

いつまでに完了しなければならないという決まりはないので、期限切れで受けることができなかったということもありません。

常に自分のペースで通うことができるので、仕事や育児などで忙しい方も通いやすいのがメリットです。

焦らずに脱毛していくことができるので、その後の予定などに合わせて計画的に受けていくことができます。

Point

ストラッシュは痛みが少ない

ミュゼプラチナムは肌に優しい

湘南美容は照射期限がない

湘南美容クリニックの公式サイトへ

パイパンにおすすめな脱毛サロン・クリニックを分析

分析_2
最後にストラッシュ・ミュゼプラチナム・湘南美容クリニックの3社について細かく分析していきます。

ツル美
料金などを見ていきましょう!

VIO脱毛の料金

サロン
クリニック
VIO脱毛
(6回)
リンク
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
42,980円 公式詳細
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
60,720円 公式詳細
湘南美容
クリニック
湘南クリニックのロゴ
54,400円 公式詳細

まずはVIO脱毛の料金から見ていきましょう。3社の中ではストラッシュが1番安く契約することができます。

また、ストラッシュは返金保証制度が充実しているので、万が一効果に納得がいかなかった場合も安心です。

ミュゼプラチナムはカウンセリングが無料であり、WEBカウンセリングを受けた方限定のお得な特典もあります。

湘南美容クリニックは笑気麻酔を使うことができるので痛みを感じやすいVIOの場合も安心ですが、その場合は追加料金がかかります。

VIO含む!全身脱毛の料金

サロン
クリニック
全身脱毛 料金 リンク
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
顔・VIO 105,336円
(6回)
公式詳細
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
VIO 163,954円
(6回)
公式詳細
湘南美容
クリニック
湘南クリニックのロゴ
顔・VIO 297,000円
(6回)
公式詳細

続いてはVIOを含む全身脱毛の料金です。こちらも3社の中ではストラッシュが1番安く契約することができます。

また、ストラッシュは今なら顔・VIOを含む全身脱毛は初月0円で受けることができ、とてもお得です。

ミュゼプラチナムは月々1,980円で家庭用脱毛器を購入でき、全身脱毛の効果をより高めることができます。

湘南美容クリニックは分割払いにすることもできるので、今すぐまとまった金額を用意するのが難しいという方にもあんしんです。

キャンペーンをチェック

サロン
クリニック
キャンペーン リンク
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
・乗り換え割
・ペア割
・学割
・キッズ割
公式詳細
ミュゼ
プラチナム
ミュゼプラチナムのロゴ
・ワキ+Vライン
通い放題
公式詳細
湘南美容
クリニック
湘南クリニックのロゴ
・学割
・乗り換え割
公式詳細

最後にキャンペーンを見ていきましょう。ストラッシュは4種類、ミュゼプラチナムは1種類、湘南美容クリニックは2種類です。

ストラッシュは表にあるキャンペーンの他にも、7,000円でお試し顔脱毛が受けられるお得なキャンペーンもあります。

ミュゼプラチナムでは100円で脇とVIOの脱毛が5年間通い放題なので、通えば通うほどお得です。

湘南美容クリニックは2種類のキャンペーンで料金がお得になる他にも、追加料金がかからずコース料金のみのシンプルな金額で脱毛することができます。

Point

ストラッシュは料金が安い

ミュゼプラチナムはキャンペーンがお得

湘南美容クリニックは追加料金なし

総括:パイパンのやりかたは簡単!自己処理の負担を減らすならストラッシュ

ストラッシュ_札幌
デリケートゾーンの自己処理は自宅で簡単にすることができ、必要な道具もドラッグストアなどで手に入れることができます。

ただし、自己処理には肌トラブルや怪我などのリスクもあるので、肌への負担を減らしたい方はストラッシュでの脱毛がおすすめです。

ストラッシュは全体的に料金も安く、VIOを含む全身脱毛などもお得に契約することができます。

キャンペーンも豊富にありよりお得に契約することができるので、脱毛の際にはストラッシュがおすすめです。

SHR脱毛で最短6ヶ月で脱毛完了ストラッシュ!

ストラッシュ
ストラッシュ
ストラッシュのロゴ
サロン名 ストラッシュ
サロン
評価
★★★★★
脱毛料金 全身脱毛
105,336円
(6回)
営業時間 日~木11:00-21:00
金・土10:00-22:00
特徴 SHR脱毛で脱毛完了までが速い

ストラッシュの公式サイトへ

部位脱毛カテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次